引越しとプロバイダーについて

引越しでインターネットの回線を変更するときに、
いったん解約して、また新しいプロバイダを契約するか、
それとも、住所変更の届出をだすのか悩んだことがある人も多いことでしょう。
多くの人は住所変更の届出をすると思いますが、
それだと損をしてしまう可能性があります。

というのも、どこのプロバイダーもキャンペーンを行っているため、
このキャンペーンを受けたほうがお得だからです。
この場合、新しく加入するプロバイダーを選ぶ必要があるため、
どこのプロバイダーにするか検討する必要があります。
プロバイダーを選ぶときにはキャンペーンの内容にばかり目がいってしまいますが、プロバイダーは数年使うことになるため、
キャンペーンの内容よりも、月額料金や速度、サービス内容で決めるようにしましょう。

<プロバイダーのよっては>
プロバイダーのよっては、1日の転送量に制限を設けているところも多くあります。

転送量制限はプロバイダによってことなりますが、
1日の転送量が20GBを越えたときにメールや電話で連絡が来るというのが多いようです。
この20GBとというのは普通に使っていればまず引っかかることはありません。
ですが、もしあなたがヘビーユーザーでしたらプロバイダーを決めるときには転送量も確認しておくようにしましょう。

<ポケットWIFIも人気>
スマホやタブレットが流行ったことにより、工事が必要なフレッツ光よりもLTEやポケットWIFIのような工事をしなくてもインターネットができる端末を持つ人が増えてきています。
最近のポケットWIFIは通信速度も向上していますので、
昔の携帯電話ほど不便を感じることも少ないでしょう。

そのほか、外出先でもインターネットができるというのがポケットWIFIの魅力と言えるでしょう。