住居とフレッツ光の関係

フレッツ光を導入するときは、自宅の建物がどのような構造になっているかによって、
プランが異なります。

プランは大きく分けて、戸建てと集合住宅で異なります。
一般的に集合住宅の場合は、フレッツ光の導入に必要な光ファイバーが導入できないことが多くあります。
ただ、建物の構造上光ファイバーが導入できない場合であっても、
それ以外の回線を使うことでフレッツ光を導入できる場合があります。

光ファイバーが導入できない場合に用いられるのが、
VDSLになります。

多くの場合V、このVDSLを使うことでフレッツ光を使うことができます。

ただ、VDSLを使うときの注意として、
一部のオプションサービスが利用できないといったデメリットがあります。
ですので、VDSLを導入するときには自分の利用したいオプションが利用できるのかあらかじめ調べておくとよいでしょう。
<VDSLだと加入できないオプションサービス>
VDSLを利用してフレッツ光を使っている場合は、
いくつかのオプションサービスを利用することができません。

例えば、フレッツ光のオプションサービスのひかりTVはVDSLを使っていると使うことができません。
ひかりTVはフレッツ光のオプションの中でも人気のサービスになりますから、
マンションなどの集合住宅住まいでひかりTV目的でフレッツ光に加入するのでしたら注意するようにしましょう。