プロバイダーとは?キャンペーンはお得?

プロバイダーは正式には「インターネットサービスプロバイダー」といいます。
プロバイダと言う英語は提供者という意味があります。
実際、プロバイダーはネットを使えるようになるサービスを提供しているので、
プロバイダーというのがふさわしいと言えるでしょう。

ネットが使えるようになるためには、
回線でなくプロバイダーとも契約する必要があり、
回線だけを契約してもネットが使えるようにはなりません。
<プロバイダのキャンペーンはお得?>
プロバイダーは新規顧客を獲得するために、毎回お得なキャンペーンをやっていますが、
デメリットとして契約期間中に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。
違約金の額は会社によって異なりますが、
1万円から2万円が一般的です。
キャンペーンは魅力的ですが、違約金があることを考えると人によってはお得ではないことも多くあります。
あまり長くプロバイダーを使う予定がないのでしたら、
キャンペーンを利用しないというのもよいのかもしれません。
<法人向けのプロバイダとは?>
当然のことながら、プロバイダーには個人向けのほかに、
法人向けのプロバイダーもございます。
一般的には、法人向けのプロバイダーは個人向けのものよりも価格が高い傾向にあります。
というのも法人の場合だと、セキュリティ上の理由から、
オプションに加入しなければならないことが多いからです。

よくあることとしては、法人は社内サーバーに外部からアクセスする必要があるため、固定IPアドレスが必要なことが多くあります。

そのため、オプションで固定IPサービスに加入する必要があり、
一般よりも価格が高くなる傾向があります。