プロバイダの違約金について

利用期間が短いうちにプロバイダーを解約してしまうと、
違約金がかせられてしまうことがあります。

理不尽なことかもしれませんが、プロバイダーを契約するときにあらかじめ説明されているはずですので、しかたがないことといえるでしょう。

この違約金は通常プロバイダー加入時にキャンペーンを適用すると
発生することが多くあります。
ですので、プロバイダーを解約される可能性がある人は、
キャンペーンの適用を受けないでプロバイダーに加入するというのもよいと思います。

<違約金の額>
プロバイダーを最低利用期間中で解約するときの違約金は契約内容によって異なります。
一般的には5000円から10000円であることが多くあります。
また、プロバイダーのほかにも、フレッツ光などの光回線にも違約金がある野で注意しましょう。
<プロバイダーの法人契約について>
プロバイダーを法人契約される方の中には、固定IPを希望される方が多いそうです。
IPアドレスは普通に使っていれば、常に変動するのが一般的です。
個人で使う分にはこれでもよいのですが、
法人ですと何かと不便することが多いと思います。

もちろん、法人であっても、固定IPが必要ないことも多いのですが、
ITに関する仕事をしている会社でしたら、固定IPが必要なことが多いと思います。
プロバイダーでは、オプションで固定IPプランがあるところがありますので、
探してみるとよいでしょう。