プロバイダってそもそも何?

何年もネットを使っていてもプロバイダーがなんなのかよくわからないという人も多いそうです。
携帯電話をのぞいた、家で使うインターネットの場合、
ネットが使えるようになるためには、フレッツ光などの回線だけではなく、
プロバイダーとも契約をする必要があります。
よくある間違いに、フレッツ光だけでインターネットができると思っている人がいますが、
フレッツ光と契約しただけではインターネットはできません。
水道で例えるなら、フレッツ光は配管で、プロバイダーは水道会社のような関係性になります。

<ネット回線の種類>
ネット回線にはいくつかの種類があります。
代表的なものとしては光回線とADSLになります。
光回線は、ADSLの上位互換的なもので、
2010年ころまではADSLを使っている人が多かったのですが、
光回線の料金が安くなってきたこともあり、
現在では光回線が主流になってきました。

<キャンペーンはオトク?>
プロバイダーは加入するときにキャッシュバックやパソコンのプレゼントなど、
魅力的なキャンペーンが多くあります。
ただ、甘い話には必ず裏があります。
このキャンペーンの注意点としては、申し込み条件というものがあります。
具体的には、このキャンペーンを適用するためには、数年使い続けてくださいといったものや、
特定のオプションに加入しなければならなかったりするものが多くあります。

そのようなことを考えると、単にキャッシュバックが高いというだけでは判断できないかもしれません。